鶴見ウチナー祭SNS 撮影写真掲載

鶴見ウチナー祭 アカウント 様 のインスタグラムで、撮影した写真を使用していただきました(4点目)。

View this post on Instagram

9月21日・22日に開催されました「第4回鶴見ウチナー祭」。 今年は21日約3万人、22日約4万人、2日間で約7万人の来場数でした。 今回は一週間程前から、両日雨予報で天気予報とにらめっこの日々。三日前でも雨予報。前日でも雨予報。人生でこんなに天気予報を見た事がないくらいチェックしました。 前日設営時は快晴。出店者さんやお客さんと「今日の天気が明日だったらね~」、「雨でも小雨ならいいけどね~」、「てるてる坊主何個作ろうかね~」等、雨の話題でもちきり。 実行委員も急遽、自由広場中央に大きなテントを用意し雨対策。 設営を終えて帰り際に雨がチラつき「あー、明日はやっぱり雨か」と覚悟しました。 迎えた当日朝、今にも振りそうな雲が覆う中、会場に到着。 芝生はそこまで濡れておらず夜中の雨もあまり降ってない様子。 午後から雨予報だったので「夕方までもってくれ!」と祈りながら準備。 オープニング前の打合せの時にはやや明るくなり始めました。 10時。実行委員、区長と開幕宣言。区長の「雨予報ですが私は晴れ男なのできっと大丈夫ですよ!」と心強いお言葉を頂きスタート。 時間が経つにつれてこの日の予報は曇りが続きそうで一安心。 しかし、翌日の雨予報が変わらず、一時間毎に天気チェック。 初日は降らず無事終了。 2日目の朝。 予報とは裏腹に太陽が出てのスタート。 実行委員のメンバーとも「この時点で晴れてたら、最後雨降っても演出って感じでいいかもね!」 なんて冗談を言ってたらホントに最後だけ小雨が降る展開で終了。 19時頃、来場者と出店者さんがほとんど帰り、会場を後にした瞬間、土砂降りの雨が降りました。 23日月曜日の朝、快晴。会場片付けの為、入船公園で作業をしていましたが、テントが浮きそうなくらいの突風が吹いてました。もし、一日ズレて快晴でも、この突風だと開催中止になってただろうなと思いながら片付け終了。 皆さんとお話してて「雨降らなくて良かったね~!」「奇跡だね~!」「今年も楽しかった!」との言葉を多く頂きました。 こうして、実行委員メンバー、関係者、来場者みんなの日頃の行いのお陰や、みんなが色んな所でてるてる坊主を作って頂いたお陰で「第4回鶴見ウチナー祭」は無事終了しました。 次回は2020年11月7日・8日の開催です! また来年、お会いしましょう! にふぇ~で~びる! #鶴見ウチナー祭 #鶴見 #ウチナー祭

A post shared by 【公式】鶴見ウチナー祭 アカウント (@uchina_fes) on

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!